若いからこそ仕方ない?おりものの量とにおいの変化

物事を長く経験していれば、今どのようなことが発生しているか見通すことができます。
職場のベテランに、仕事でうまくいかないところのことを相談すると「こうしてみるといいじゃない?」とすぐに返事が返ってくるのも長い経験から培われた勘が教えてくれるのです。

年を重ねた人生の先輩がわかるオリモノ

人生の先輩を敬うことを、若いときには心がけなくてはなりません。
なぜなら若いときの頃というのは、若い人よりも年を重ねた人生の先輩がよく知っているからです。
それも、人それぞれの若い頃を過ごしてきているわけですから様々なノウハウや切り抜け方を学べることでしょう。

オリモノ量は若い時に一番多い

さて、人生の先輩がいたからこそわかることとして「おりものの量は若いときが一番多い」と言うことがあげられます。
なんだそれくらいのことかと思われるかも知れませんが、女性同士でなければわからないことですから非常に役立つデータと言えるでしょう。

特に20代から30代が一番多いと言われています。

出産などに備えるため女性ホルモンがたくさん分泌され、生理なども定期的に訪れる。
つまり子宮内が一番忙しい年代だからこそ、清潔にしたり受精しやすくしたりする働きを持つオリモノがたくさん分泌されるようになるのです。

年齢に応じたオリモノ臭対策心がけていこう

ただ、20才のオリモノと30才のオリモノにはある違いがあります。
それは「匂い」です。

たった10才しか開きが無いものの、新陳代謝が衰え始める30才はだんだんとオリモノのにおいが強くなりやすいと言われています。
昔はこんなにキツくなかったのにと思われる方も、病的な原因などが無い限り身体の衰えの一つとして受けいれざるを得ません。

オリモノが若いときに多くなってしまうと言うことは致し方ないことであります。

ただ、量が多くなってしまうと言うのであればきちんと受け止めるための態勢を整えることができます。
また、においがきつくなり始める年代にさしかかったならば自分の身体からにおいがしないように気をつけると言ったことは誰にでもできることです。

年齢に応じ、様々な対策を講じ健康で快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。